2011年02月13日

あらいぐまラスカル DVD





動物の大好きな11歳のスターリングはある日、友人のオスカーや飼い犬のハウザーと一緒に、森の奥へ釣りに出かけ、そこで猟師が母親のアライグマを仕留める場面に遭遇する。そのアライグマには、まだ目も開かない幼い子供がおり、スターリングは猟師に頼んでこれを譲り受け、家に連れ帰って「ラスカル」と名付けミルクを哺乳瓶で与えるなど、大切に育てる。

やがて無事に育ったラスカルは、親友のオスカー、隣家の少女マーサと馬のドニイブルックとも良く遊ぶようになり、「スターリングの変ったペット」として近所でも知れ渡るようになる。雑貨屋の息子でいじめっ子のスラミーは、人気者のラスカルをうらやみ、事ある毎にラスカルを譲り渡すよう強硬に迫るが、スターリングはボクシングでこれに対抗したため、一躍、近所の少年らから一目置かれる事となる。鉄道駅の新駅長で越して来た家のお婆さんを助けた事で、この家のアリスという女の子と仲良くなれたりといった出来事も起こったりしている。

だが仲がよく聞き分けもあり、イタズラも程度が知れていたラスカルも、大きくなってくると次第にその行動がエスカレート、近所の畑を荒らしたりするようになり、近所のサーマンさんにひどく憎まれ、射殺すると脅かされる。スターリングは大きな檻を作ってラスカルをその中で飼うことにするが、その後もサーマンさんはラスカルを目の敵にする。

スターリングの身にも辛い出来事が訪れる。病弱だった母親を物語途中で亡くし、ラスカルとの暮らしが1年になった時に父親の事業が失敗したため、進学のこともあってミルウォーキーの姉の家に行くことになる。スターリングは寂しさをこらえてラスカルを森に返す決心をし、手作りのカヌーを使って、人里へ二度と戻って来られないよう・また猟師に狙われなくて済むよう、ラスカルを連れて、森の奥深くに入っていった。

そして間もなく、スターリングも父親や友人たちと別れ、ミルウォーキーへと旅立つ。

スターリング・ノース
主人公。11歳。

ラスカル
母親を殺され、スターリングに拾われたアライグマ。

ウィラード・ノース
スターリングの父親。55歳。銀行から融資を受けながらいくつかの農場を経営している資産家。

サラ・エリザベス・ネルソン・ノース
スターリングの母親。47歳。

セオドラ・モード
スターリングの長姉。既婚。

ジェシカ・ノース
スターリングの次姉。シカゴ大学の学生。

ハケット
ノース家の家政婦。動物が苦手。

エドガー・アラン・ポー
スターリングが飼っているカラス。ラスカルとは仲が悪い。光るものに目がなく硬貨などを自分の巣へ溜め込んでいる。

オスカー・サンダーランド
スターリングの友達。

アリス・スティーブンソン
スターリングの友達。

スラミー・ステルマー
菓子屋の息子。体が大きく、意地悪。

ガブリエル・サーマン
スターリングの隣人。ラスカルに畑を荒らされてから、事あるごとにラスカルを殺そうとしている。




posted by animation_root_sunday at 17:12| あらいぐまラスカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。