2011年02月13日

赤毛のアン DVD





原作者モンゴメリは新聞記事で読んだ「男の子と間違えて女の子を引き取った夫婦の話」に着想を得て、この作品を書いた。彼女はプリンス・エドワード島の田舎で育った自身の少女時代も作品に投影した。孤児院暮らしだったアン・シャーリーが、11歳でアヴォンリーのカスバート家に引き取られてからクィーン学院を卒業するまでの少女時代 5年間を描いた『赤毛のアン』は人気作となり、モンゴメリーはアンを主人公とする続編や周辺人物にまつわる作品を多数著している。モンゴメリーはイヴリン・ネスビットの写真を雑誌から切り取り、書き物机の上に貼り、主人公アン・シャーリーのモデルにした。

アン・シャーリー
髪の色:赤毛、目の色:緑がかった灰色
とても痩せていて、青白く、そばかすだらけの顔をしている。自分の赤毛に劣等感を抱いている。その為、自分のことを、カラスの羽のように見事に真っ黒な髪に、すみれ色の瞳、顔色は薔薇の花びらのようで肌は透き通るような象牙色、目は星のように輝いており、名前はレディー・コーデリア・フィッツジェラルド(自身のアンという名前がロマンチックじゃないとマリラに言っている)だと思うようにしている。
誕生月は3月。
想像力豊かでお喋り好きな女の子。美しくてロマンチックなものが好きで、美しいものには名前をつけたがる。
ノバスコシア、ボリングブロークの小さな黄色い家で生まれた。父はウォルター・シャーリーでボリングブロークの高校教師、母はバーサ・シャーリー(母も高校教師をしていたが結婚時に辞めた)。アンは両親について、名前が素敵で良かった、父がジェデダイアみたいな変な名前だったらすごく恥ずかしいと物語の中で語っている。
両親とも世間知らずで教会に住んでいるネズミのように貧乏だった。
やせっぽっちで小さく、目ばかり大きい見た事もないほど醜く生まれたアンを母は、こんな美しい子は見た事もないと言い可愛がったが、アンが生後3ヶ月の時に熱病で死亡する。父も4日後、同じ病気で亡くなる。
両親の死後、残された孤児のアンを誰も引き取りたがらなかった。両親共に出身地が遠く親戚も独りもいなかったため、シャーリー家のお手伝いに来ていたトーマスのおばさん(アンは自身の身の上を彼女に聞いた)が仕方なく引き取るが、トーマスおばさんの所もとても貧乏で、アンより年下の子供が4人もいた為、アンは子供の世話をさせられた。その後ボリングブロークからメアリーズビルに引越し、そこで暮らしていたが、8歳の時トーマスのおじさんが汽車に轢かれて死に、おじさんの母がおばさんと子供達を引き取る事になったが、アンの引き取りは拒否された。
アンが子供の世話ができるとわかると、川上の方に住んでいるハモンドのおかみさんがアンを引き取ってくれた。ハモンドのおじさんは川の上流の森を切り開いた所で小さな製材所を営んでおり、アンは切り株に囲まれて過ごす事になった。続けて双子が3回も生まれ、子供が8人いた。そこで2年と少し暮らしたがハモンドのおじさんが死んでしまった為、おばさんは親戚に子供をばらまいてアメリカに行ってしまった。
アンはホープタウンの孤児院に行った。超満員の孤児院はアンを引き取りたがらなかったが、引き取らないわけにいかず、マリラとマシューが孤児院から男の子を引き取ろうと決心するまで、そこで4ヶ月暮らした。

マリラ・カスバート
背が高く痩せてごつごつしており、ふくよかさがない。白髪が見え始めた黒い髪を後ろで小さなまげにまとめ、針金のヘアピンを2本さした髪型をしている。
世間知らずの頑固者で、あまり笑わない。非常に厳格で働き者(台所は片付きすぎているくらい綺麗で、庭には棒切れや石ころ1つおちていない)。
ひごろ寡黙なマシューが珍しく自己主張をした時は最大限したがわなければならないと心得ている。
ひとに教訓を与えるのが好きで、子供を育てるからには口を開くごとに教訓を垂れなければならないと信じている。

マシュー・カスバート
60歳。心臓が悪い。体つきが不恰好で、白髪交じりの黒い髪を猫背の肩にかかるほど伸ばしている。
レイチェル・リンドと妹のマリラ以外の女性を恐れており、女性という不可解な生き物に笑いものにされている気がしておちつかないという、非常に内気な性格をしている。
父親も同じく内気な男性で、森の奥に引っ込みたかったがそうもいかないので村から離れた場所を選んで家をたてた。そのため、グリーン・ゲイブルズは他の家がなかよく建ち並んでいる街道からは殆ど見えない。
普段はマリラが不潔だと嫌がるので控えているが、精神が不安定なときに煙草をすう。その時はマリラも見てみぬフリをしてくれる。




ラベル:赤毛のアン
posted by animation_root_sunday at 17:14| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。