2011年02月13日

ドラゴンボール DVD





テレビアニメは原作漫画をそのまま踏襲しているが、一部オリジナル設定もあり、その最たるものとしてはドラゴンボールはもともとは1つの球で、神殿に飾られていたが人間たちが欲深くなったためにそれを神様が7つの球に分割し、各地に散らばらせたということがアニメでは亀仙人の口から語られていた。
『ドラゴンボール』(無印、元祖とも呼ばれる)、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』の3作では、TVシリーズ全508話+スペシャル3話+劇場版17作という長期シリーズになった。

いずれも次回予告は、悟空を演じた野沢雅子による「オッス、オラ悟空!」の台詞で始まるのが基本。初期には、たまに崩しとして他のキャラクターが類似した台詞を言うこともあったが、後半になると悟空が登場しない回でさえ、この台詞が登場するまでに浸透した。予告の最後は、無印は悟空の「絶対見てくれよな」、『Z』は悟飯のコメントでしめていた。
ナレーターは一貫して八奈見乗児が務めている。

ドラゴンボール
1986年2月26日-1989年4月19日。全153話。原作のうち、連載開始から第23回天下一武道会までのアニメ化に当たる。シリーズ初期は秘宝「ドラゴンボール」を集める冒険活劇だったが、徐々に格闘バトル路線へとシフトしていく。単巻DVDは全26巻。

ドラゴンボールZ
1989年4月26日-1996年1月31日。全291話 + スペシャル2話。サイヤ人編から原作ラストまでがここに当てはまる。シリーズの中ではもっとも高い人気を博し、人気の面で絶頂を迎えたといえる作品である。タイトルの「Z」には鳥山の「これで最後にしたい」という思いが込められている。単巻DVDは全49巻。

ドラゴンボールGT
1996年2月7日-1997年11月19日。全64話+スペシャル1話。『ドラゴンボールZ』の続編として放送された。原作漫画および『ドラゴンボールZ』共通の最終話から5年後の世界が舞台のオリジナル作品。前半は初期『ドラゴンボール』のような冒険主体のストーリー構成となっていたが、後半に進むにつれて次第にバトルの色合いが濃くなってきた。本作で作品世界そのものを完結させる最終回を迎える。単巻DVDは全11巻。

ドラゴンボール改
2009年4月5日から、『ドラゴンボールZ』のデジタルリマスター版として放送。ストーリーを原作漫画に近づける形で再構成している。

ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!
ジャンプスーパーアニメツアー08用のオリジナルアニメ。魔人ブウを倒してから2年後の物語。上映時間は35分、主題歌はjealkbが担当。2008年9月21日-11月23日。

ビデオ作品
ドラゴンボール 悟空の消防隊
ドラゴンボール 悟空の交通安全
ドラゴンボールZ あつまれ!悟空ワールド




posted by animation_root_sunday at 16:59| ドラゴンボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。